ジェイコム男 B・N・F さんとビクター・ニーダーホッファー

ジェイコム男 B・N・F さんとビクター・ニーダーホッファー

ビクター・ニーダーホッファーと「マネー革命」

1997 年 10 月 27 日にニューヨーク市場の株価は大暴落しましたが、翌 28 日には反転して過去最大の上げ幅を記録しています。

このとき、ビクター・ニーダーホッファーが主宰する投資運用会社「ニーダーホッファー・インベストメント」は、5000 万ドル(50 億円)とも 3 億ドル(300 億円)とも言われる損失を被り破綻しました。

ニーダーホッファー個人も破産し、趣味として収集していた銀製品から 114 点が「ニーダーホッファー・コレクション」として競売会社サザビーズのオークションに出品され、合計 73 万ドルで落札されています。

1998 年 4 月 4 日に、NHK スペシャル「マネー革命」は破産後のニーダーホッファーに対する初めてのマスコミ取材に成功しました。

「マネー革命 (1)」(相田 洋)によると、ニーダーホッファーは高校生の頃から 35 年間(取材時点)、毎日欠かさず世界中の主な金融市場の値動きをノートに記録していたそうです。

1962 年にハーバード大学に入学して経済学を専攻する傍ら、23 歳までに 3 回もスカッシュの世界チャンピオンになっています。

1969 年にシカゴ大学で博士号を取得した後、カリフォルニア大学バークレー校の助教授を経て、ヘッジファンドを設立しました。

1976 年の「フォーブス」誌は、投機家に転身して成功を収めたニーダーホッファーを「ウォール街のスーパースター」と評しています。

1979 年頃には先物やオプションなどのリスクの大きい取引にも手を出すようになりましたが、年率 30 % 以上という驚異的な利益が 20 年も続きました。

1997 年 7 月にタイの経済が破綻したことに端を発し、ニーダーホッファーはアジア株とアジア通貨で多額の損失を出しました。

10 月 27 日の直前には、クリアリング・ハウス(ブローカー)のレフコ社に最大 4000 万ドルの負債があったようです。

その後、ニーダーホッファーはシカゴ・マーカンタイル取引所 CME (Chicago Mercantile Exchange) で S&P 500 のプット・オプション 2 万本を売りました。

前述の通りに株価が大暴落したため、27 日 16 時半に CME を通じてレフコ社から 5000 万ドルの追証を要求されましたが、資金を工面できずに 28 日朝に強制決済されました。

余談ですが、ビクター・ニーダーホッファーの弟ロイ・ニーダーホッファーもヘッジファンドを運営していて、27 日に約 100 万ドルの利益を出していました。

ビクター・ニーダーホッファーと「まぐれ」

「まぐれ 投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか」(ナシーム・ニコラス・タレブ )第 7 章「帰納の問題」より。

ヴィクター・ニーダーホッファーの話は哀しくもあり、また興味深くもある。
極端な実証主義と論理を一人の人間が融合させるのはどれほど難しいかよくわかる。
純粋な実証主義に従うなら、必ず偶然にだまされることになる。
私が彼を例として持ち出したのは、彼がある意味フランシス・ベーコンに似ているからだ。
ヴィクター・ニーダーホッファーは、効率的市場教が最悪の吹き荒れ方をしていた一九六〇年代に、シカゴ大学が紡いだ知識のクモの巣に立ち向かった。
ファイナンス教信者のスコラ哲学とは対照的に、彼はデータを見て異常値を探し、実際にいくつか見つけた。
また、彼はマスコミが使えない連中であることを証明した。
新聞を読んでも読者の予測能力は改善しないと実証したのだ。
彼は世界に関する知識を、先入観も誰かのコメントも記事も全部切り捨てて、過去のデータから得た。
彼以降、そういうやり方をする投機家の業界がまるまる一つでき上がった。
そういう人たちを統計的裁定業者と呼ぶ。
成功した人たちの一部は彼の部下だったことがある人たちだった。
ニーダーホッファーの一件は、実証主義が方法論から切り離しては成立しないことを示している。

(中略)

ニーダーホッファーの有名な墜落が起きたのは、彼がオプションをヘッジなしで裸のまま空売りしていたからだ。
彼は自分の実証結果にもとづいて、過去について成り立っていたことがそのまま将来についても成り立つと仮定した。
「これまで市場でそんなことは一度も起きていない」という命題を信じきっていた。
そして、彼はこの命題が正しければ少額ながら収益を上げられるプット・オプションの空売りを行い、命題を反証するような事象が起きたので膨大な損失が出た。
彼が吹き飛んだとき、数十年分近いパフォーマンスの積み重ねが、ほんの数分続いただけの事象一つで台無しになってしまった。

(中略)

ニーダーホッファーの話にはもう一つ学ぶべきことがある。
おそらくこれが一番大事だろう。
ニーダーホッファーは市場を、プライドや地位を手に入れたり、(たとえば私などのような)「相手」に勝利したりするための場だと考えているようだ。
はっきり決められたルールの下でゲームをするようなものなのである。
彼はスカッシュのチャンピオンだ。
真剣勝負の大きなトーナメントで何度も優勝している。
でも、現実はゲームと違って一貫した公平なルールも規制もない。
市場には確かに競争の部分があるから、彼は「勝って」やろうと必死に戦った。

ビクター・ニーダーホッファーの著作

ビクター・ニーダーホッファーには、以下の著作があります。

  1. "THE EDUCATION OF A SPECULATOR"(Victor Niederhoffer)
  2. "PRACTICAL SPECULATION"(Victor Niederhoffer, Laurel Kenner)
  3. "Fifty Years in Wall Street"(Henry Clews) の序文

2 は、「実践的スペキュレーション 失敗と成功の戦略」(ビクター・ニーダーホッファー/ローレル・ケナー)として邦訳があります。

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/bnf/index.html">ジェイコム男 B・N・F さん</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/bnf/VictorNiederhoffer.html">ジェイコム男 B・N・F さんとビクター・ニーダーホッファー</a>