ジェイコム男 B・N・F さんの米国株投資と楽天証券/SBI 証券

ジェイコム男 B・N・F さんの米国株投資と楽天証券/SBI 証券

ジェイコム男 B・N・F さんが利用している証券会社のうち、外国為替証拠金取引 FX の外貨受渡し(現受け・現渡し)は楽天証券では不可能/SBI 証券(旧・SBI イー・トレード証券)では可能です。

そこで、証券会社による手数料や税金の違いを比較します。

為替手数料

楽天証券と SBI 証券の為替手数料は、次の通りです。

楽天証券と SBI 証券の USD/JPY の為替手数料
証券会社 為替取引 スプレッド 手数料 備考
楽天証券 楽天 FX 2 銭 無料 現受け不可
外国証券取引口座 - 片道 25 銭 原則として 10:00/12:00/14:00 の
外国為替市場の取引レート
(2008/12/1 以降は 10:00/14:00)
SBI 証券 SBI FX α 2 銭 無料 現受けして米国株取引口座へ送金可
(手数料無料)

1 ドル 100 円で 45 億円をドル転→円転すると以下のようになり、SBI 証券の方が 2154 万 3980 円安くなります。

  • 楽天証券の外国証券取引口座
    • ドル転
      • 4500000000 / (100 + 0.25) = 44887780.55 ドル
    • 円転
      • 44887780.55 * (100 - 0.25) = 4477556110 円
  • SBI 証券の SBI FX α
    • ドル転
      • 4500000000 / (100 + 0.01) = 44995500.45 ドル
    • 円転
      • 44995500.45 * (100 - 0.01) = 4499100090 円

売買手数料

楽天証券と SBI 証券の米国株式委託手数料は、次の通りです。

楽天証券と SBI 証券の米国株式委託手数料
証券会社 株数 手数料 備考
楽天証券 1000 株以下 税込 31.5 ドル定額  
1000 株超 1 株につき税込 2.1 セント追加 10000 株未満
SBI 証券 1000 株以下 税込 26.25 ドル定額  
1000 株超 1 株につき税込 2.1 セント追加 上限不明

SBI 証券の方が 1 取引につき税込 5.25 ドル有利なので、発注上限が同じならば往復 6000 回で 31500 ドル安くなります。

5.25 * 6000 = 31500 ドル

税金

株式などの譲渡益や配当の税率は本来 20 %(所得税 15 % + 住民税 5 %)ですが、証券優遇税制により 2008 年末までは 10 %(所得税 7 % + 住民税 3 %)に軽減されています。

証券優遇税制は、国内の証券会社で取引した外国株にも適用されますが、海外の証券会社で取引した外国株は対象外です。

外国株の譲渡益に対する税率
証券会社 税率 証券優遇税制
国内 10 % 適用される
海外 20 % 適用されない

結論

税金は国内の証券会社で取引する限り同じですが、為替手数料や売買手数料は楽天証券より SBI 証券を利用した方が少なく済みます。

B・N・F さんが、楽天証券にも SBI 証券にも十分な口座残高があるのに楽天証券で米国株投資を行ったのは、SBI 証券では何か日本株を保有していて現金があまりなかったのかもしれません。

また、ファニーメイとフレディマックへの公的資金注入が発表されて急遽、B・N・F さんは米国株投資を決めましたが、海外の証券会社に口座を開設して送金する時間があれば、税金は高くなっても為替手数料はほぼ同額で、売買手数料が低くなったり発注上限がなかったりした可能性もあります。

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/bnf/index.html">ジェイコム男 B・N・F さん</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/bnf/us-stocks/securities.html">ジェイコム男 B・N・F さんの米国株投資と楽天証券/SBI 証券</a>