ハインリヒの法則

ハインリヒの法則

ハインリヒの法則とは、損害保険会社に勤務していたアメリカの数学者ハインリヒが発見した経験則です。

1 件の大事故の背景には、29 の小事故があり、300 の兆候がある。

この法則は、保険金の料率を算定するために各種産業事故を調査した結果、発見されたものですが、「重大な事故には必ず前兆がある」として、よく引合いに出されます。

  • 六本木ヒルズの自動式回転ドアの小学生死亡事故 (2004)
  • JR 西日本の福知山線の脱線事故 (2005)
  • みずほ証券のジェイコム株の誤発注 (2005)

六本木ヒルズでは、回転ドアの設置してから死亡事故の発生までに、約 30 件の小事故があったことが報じられています。

ハインリヒの法則では常に比率が 1:29:300 になるのではなく、対象により 1:10:100 になったり 1:100:10000 になったりします。

どんなシステムでも大事故の可能性がありますが、できるだけ起こりにくくすることが重要です。

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/glossaries/Heinrich.html">ハインリヒの法則</a>