相場操縦

相場操縦

相場操縦とは、意図的・人為的に変動させた相場を実際の需要と供給によって形成された相場であるかのように見せかける行為を指します。

他の市場参加者が相場を誤認する一方で、相場操縦の首謀者は、その変動から利益を得ます。

相場操縦には、以下があります。

仮装売買

仮装売買とは、同一人物が同時期に同価格で同一銘柄の売買を行う取引です。

権利の移転ではなく、第三者に活発な取引と誤認させることを目的とします。

従って、信用取引の期日到来に伴う乗換のための売買(クロス取引)は、仮装売買にはなりません。

仮装売買の取引例として、以下が挙げられます。

  • 大引直前に、同価格の売買注文により、高値や安値を形成する
  • 現物売と信用買を同時期に同価格で発注する
  • 複数の証券会社で、買い注文と売り注文を同時期に同価格で発注する

馴合売買

馴合売買とは、売主と買主が同時期に同価格で同一銘柄の売買を行う取引です。

仮装売買との違いは、売主と買主が同一人物ではない点です。

見せ玉(見せ板)

見せ玉(見せ板)とは、約定させる意図もないのに、頻繁に大量の注文の発注・取消を繰返す取引です。

気配値は、インターネットの板情報で個人投資家も確認できるため、第三者が活発な取引と誤認します。

見せ玉(見せ板)の取引例として、以下が挙げられます。

  • 寄付前に大量の指値の買い注文や売り注文を発注して、寄付直前に取消す
  • 特定の銘柄に指値の買い注文や売り注文を発注して、頻繁に取消や価格訂正を繰返す

終値関与

終値関与とは、特定の銘柄の終値を高くしたり安くしたりするために、大引直前の発注を繰返す取引です。

終値関与の取引例として、以下が挙げられます。

  • 大引直前に買い気配以上(売り気配以下)の注文を発注して、直近の株価よりも高い(安い)株価で約定させる

株価固定

株価固定とは、特定の銘柄の株価をある価格(帯)から値上がりも値下がりもしないように調整する取引です。

株価固定の取引例として、以下が挙げられます。

  • ある価格帯に収まるように、上値や下値の大口の指値注文を断続的に順次変更する

買い上がり・売り下がり

買い上がり・売り下がりとは、特定の銘柄の株価を高くしたり安くしたりして、上昇や下降と第三者に誤認させる取引です。

自社株に大量の注文を発注して、優位に取引することも含まれます。

買い上がり・売り下がりの取引例として、以下が挙げられます。

  • 直近の出来高に比べて大量の買い注文(売り注文)を発注して、株価を上昇(下降)させる

市場関与

市場関与とは、特定の銘柄の売り注文(買い注文)の大部分を買う(売る)取引です。

市場関与の取引例として、以下が挙げられます。

  • 数日間、出来高の少ない銘柄の売り注文(買い注文)を買い(売り)続けて、株価を上昇(下降)させる

高値(安値)形成

高値(安値)形成とは、特定の銘柄の株価を高く(安く)するために、高値(安値)付近で約定させたり、その約定に追随する買い注文(売り注文)を発注したりを繰返す取引です。

高値(安値)形成の取引例として、以下が挙げられます。

  • 高値(安値)を付ける取引を反復する
  • 高値(安値)形成後、すかさず買い注文(売り注文)を発注する

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/glossaries/unfair/control.html">相場操縦</a>