サンプラザ中野さんの誤発注

サンプラザ中野さんの誤発注

「サンプラザ中野と松本 大の株本」(日本経済新聞社)に、以下の対談が掲載されています。

中野 (前略)ぼくが株を始めたのは、株式売買委託手数料が自由化されたときです。

松本 1999 年 10 月ですね。

中野 ええ。
そのとき、創刊されたばかりのインターネット系の雑誌から、「中野さん、ネットで株の取引をして、それを日記風に書いてくれませんか」という連載依頼があったんです。
で、費用はだれ持ち?と聞くと、自腹でお願いしまーす(笑)。

とにかく株なんてやったことがなかったし、どうやって証券会社に口座を開けばいいかもわからなかったので、そこを教わるところから連載がスタートしました。
なんとか口座を開いたまではよかったのですが、いきなり大失敗をやらかしたわけです。

2000」と入力するつもりが、「20000」と入力しちゃって、100 円の株を 2 万株、つまり 200 万円分も買ってしまったんです。
口座に入れてあった 50 万円では間に合わなくなって、急きょ 150 万円を追加で入金して……。
ところがこの 200 万円が、あっという間に 180 万円になってしまったわけです。

松本 失敗した中野さんには、その雑誌の編集部から何か?

中野 何のフォローもありません。
「いい記事ができた」と喜んでくれましたね(笑)。
(後略)

サンプラザ中野さんが、20000 株の買いの誤発注を出してすぐ、その銘柄は株価が上がり始め、「自分は天才だ」と思ったそうです。

しかし、それは出来高の少ない銘柄に大量の成行注文を入れたため、売りをこなしてどんどん値段が上がっただけでした。

現実に戻ったサンプラザ中野さんは、今度は売りの注文を成行でして、最終的に約 20 万円の損失を出した、とのことです。

「創刊されたばかりのインターネット系の雑誌」が何という雑誌か分かりませんが、サンプラザ中野さんは、この話を持ちネタとして方々で書いています(笑)。

1 つ気になるのが、「証券会社の口座の開き方も分からない初心者が、現金残高(50 万円)の 4 倍(200 万円)の買い注文を出せるのか?」です。

いくら株式売買委託手数料が自由化された直後といっても、ネット証券のシステムとして、そのような注文の入力は弾いたのではないか、と思います。

注文を間違えたのは実話でしょうが、もしかしたら「現金残高が 50 万円しかなかった」は脚色で、本当は「200 万円以上あった」のかもしれません。

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/individuals/nakano.html">サンプラザ中野さんの誤発注</a>