「AERA アエラ」井原圭子副編集長のラジオ出演 4 月 18 日

「AERA アエラ」井原圭子副編集長のラジオ出演 4 月 18 日

文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」2011 年 4 月 18 日(月)の「編集長は見た」に、「AERA アエラ」井原圭子副編集長が出演しました。

  • パーソナリティ
    • 寺島尚正(文化放送アナウンサー)
  • 月曜パートナー
    • 森崎友紀(料理研究家・管理栄養士)
  • 月曜コメンテーター
    • 岩上安身(フリー・ジャーナリスト)

内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • 本日発売の「AERA アエラ」2011 年 4 月 25 日号「総力特集『原発と日本人』」について
    • 福島第一原子力発電所の事故を受けて、原発は必要なのか考える材料を提供する(井原)
  • 「反対派×推進派が激突対談」(p.10) について
    • 今まで、両者の議論は成立しなかった(井原)
      • お互いに、相手の主張を認めないから
    • 特に今回の企画は事故直後なので、対談に登場する推進派を探すのが大変だった(井原)
      • 反対派は、京都大学原子炉実験所の小林圭二元講師
      • 推進派は、大阪大学の宮崎慶次名誉教授
    • 宮崎も「地震に伴う津波の想定が甘かった」と認めている(井原)
    • 初動の失敗については、両者の意見が一致した(井原)
    • 宮崎には「危機管理をすれば安全」という前提がある(岩上)
      • 危機管理しても安全とは限らない
      • 想定外のことが起きたのではなく、自分の都合で想定しようとしなかっただけ
      • 「原発は経済性が高い」というのもおかしい
  • 「経産省『電力閥』と保安院」(p.21) について
    • 経済産業省の松永和夫事務次官が、三井住友銀行の奥正之頭取に「暗黙の政府保証」を与えた(井原)
      • 官と財のもたれ合い
      • 経産省の電力閥には、力がある
    • 原発が国策だから(岩上)
      • 自分が記者会見で菅直人総理大臣に浜岡原発の危険性を訴えたら、「止めません」と答えた
      • 原発を全て停止しても、既存の火力発電所の稼働率を現在の 5 割から 7 割にするだけで賄える
      • 交流電源の周波数を東日本と西日本で一致させ、発電と送電も分離すれば、更に無駄がなくなる

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/index.html">各雑誌の原発危機関連記事</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/radio/ihara110418.html">「AERA アエラ」井原圭子副編集長のラジオ出演 4 月 18 日</a>