「週刊朝日」山口一臣編集長のラジオ出演 3 月 22 日

「週刊朝日」山口一臣編集長のラジオ出演 3 月 22 日

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」2011 年 3 月 22 日(火)の「大竹紳士交遊録」に、「週刊朝日」山口一臣編集長が出演しました。

  • パーソナリティ
    • 大竹まこと
    • 太田英明(文化放送アナウンサー)
  • 火曜パートナー
    • 山本モナ

内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • 福島第一原子力発電所の事故の今後については、誰にも分からない(山口)
    • この 1 週間の取材でも、専門家によって見解が異なる
      • 想定される最悪の事態を語れる人はいるだろうが、その通りになるとは限らない
    • 正確な情報がないと、自分がどうすればいいか判断できない(大竹)
  • 「止める」「冷やす」「閉じ込める」の第 2 段階だが、対症療法(山口)
    • 道のりは、まだ長い
  • 東京電力は「想定外」と言っているが、危険性は以前から指摘されていた(山口)
    • 国際原子力機関 IAEA (International Atomic Energy Agency) が勧告したり、日本共産党の吉井英勝衆議院議員が国会質問したりしたが、改善されなかった
    • 「想定外」とは違う
  • 原子力発電は必要と思っていたので、残念(山口)

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/index.html">各雑誌の原発危機関連記事</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/radio/yamaguchi110322.html">「週刊朝日」山口一臣編集長のラジオ出演 3 月 22 日</a>