「週刊朝日」山口一臣編集長のラジオ出演 3 月 29 日

「週刊朝日」山口一臣編集長のラジオ出演 3 月 29 日

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」2011 年 3 月 29 日(火)の「大竹紳士交遊録」に、「週刊朝日」山口一臣編集長が出演しました。

  • パーソナリティ
    • 大竹まこと
    • 太田英明(文化放送アナウンサー)
  • 火曜パートナー
    • 山本モナ

内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • 福島第一原子力発電所の事故は危機慣れしつつあるが、依然として深刻な状況が続いている(山口)
    • 最近は、テレビも「深刻な状況が続いている」とハッキリ言うようになった
    • 事故以前に海が放射性物質で汚染されたら、大変な騒ぎになったはず
    • テレビでアナウンサーが「ベントに成功した」と言っていたが、表現が適切ではない
  • 枝野幸男官房長官は「人体に直ちに影響はない」と繰返しているが、いつかは影響がある(山口)
    • 急性と晩発性の違い
  • 緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム SPEEDI(System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information) の解析結果などの情報を公開しないと、疑心暗鬼を生ずる(山口)
    • ただ「安全」と言っても、逆効果
  • 政府は大本営発表(山口)
    • テレビ・新聞と週刊誌には、温度差がある(大竹)
  • 専門家の間にも、悲観論と楽観論がある(山口)
    • 内部被曝の影響については、そもそも現代医学ではよく分かっていない
    • 「最悪の事態」にも色々な意見があり、「温度も圧力も不安定な状態が、年単位で続く」と言う専門家もいる

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/index.html">各雑誌の原発危機関連記事</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/radio/yamaguchi110329.html">「週刊朝日」山口一臣編集長のラジオ出演 3 月 29 日</a>