「週刊朝日」山口一臣デジタルスーパーバイザーのラジオ出演 6 月 7 日

「週刊朝日」山口一臣デジタルスーパーバイザーのラジオ出演 6 月 7 日

文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」2011 年 6 月 7 日(火)の「大竹紳士交遊録」に、「週刊朝日」山口一臣デジタルスーパーバイザーが出演しました。

  • パーソナリティ
    • 大竹まこと
    • 太田英明(文化放送アナウンサー)
  • 火曜パートナー
    • 眞鍋かをり

内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • 2011 年 6 月 6 日に「2022 年までに脱原発」を閣議決定したドイツのメルケル政権は、仕事が速い(山口)
    • 当事国の日本では、5 日の青森県知事選で推進派が反対派に大差で勝利した
      • 世論を喚起しないと、脱原発は進まない
      • 地元では、原子力発電所が大きな産業になっているので、「安全性を高める」と言われればなびいてしまう
    • ドイツでは自然再生エネルギーが軌道に乗るまで、天然ガスを用いることになっている
      • 日本でも火力を復活させるしかないだろう
      • 新成長戦略実現会議の草案では、脱原発になっていない
    • ドイツは「脱原発で国際競争力を増す」と言っていて、日本は「脱原発は国際競争力が落ちる」と言っている
  • 脱原発を掲げているのはみんなの党・社民党・共産党で、主要政党がない(大竹)
    • 前夜、テレビ朝日「ビートたけしの TV タックル」生放送で何人かの政治家と一緒だったが、ここまで民意と乖離しているのも珍しい
  • 原発はコストが高く、日本の電気料金は世界で一番高い(大竹)
    • 原発のコストは電力会社が試算したものだから安く見積もっているし、事故や廃炉も考慮していない(山口)
  • 原発は熱効率が 3 割程度と低く、大量の熱水を海に捨てて環境に負荷を掛けているので、「原発はクリーン」というのも嘘(山口)

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.erroneous-order.com/">株式投資や為替取引のリスクマネジメント</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/index.html">各雑誌の原発危機関連記事</a>
<a href="http://www.erroneous-order.com/nuclear-crisis/radio/yamaguchi110607.html">「週刊朝日」山口一臣デジタルスーパーバイザーのラジオ出演 6 月 7 日</a>